FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あま~い!
2006-10-17 Tue 20:17
デートの翌日、Fさんに送ったメールです。
『Fさんが舌の先で芯を突いてくれた時、しびれる様な感じで、
恥ずかしいんだけどすごく気持ちよくて、あっという間にいってしまったの。
帰ってから、それを思い出しちゃったら、
びっくりするくらいあそこが濡れていて...。
結んでくれた紐を片方解いて、触ってしまいました』


帰ってからもFさんとのセックスを思い出して、
eromiは2回もオナニーしてしまいました。
Fさんとは3回もしたのに。
それもすごく気持ちよかったけど、思い出しエッチもいいです。


部屋に入ってすぐに抱き合う。
はじめは明かりを消さずにキスをしていたけど、やっぱり恥ずかしいので少し暗くしてもらう。
セーターを捲り上げて、ブラのホックをはずし、彼の手がeromiの胸を鷲づかみにする。そのまま乳首にキスをされる。
もうすっかり固くなってしまって、ちょっと舌で突かれただけで感じてしまう。
スカートのすそから手を入れて、ショーツのヒモを片方ほどかれる。

『脱がなくていいの?しわにならない?』
この前も服の心配をしてくれてたけど、そのためにしわになりにくいスカートをはいてきてるの。
『いいの。このままして・・・』

もう片方のヒモをほどかれると、下半身がむき出しになる。
『もう、こんなに濡れてるよ、、、いやらしく。ほら、すごい・・・』
キスと、乳首への愛撫だけで、eromiのおまんこはおつゆでぬるぬる。
溢れているおつゆを掬いながら、クリを指で擦られる。
『ああっ、だめ、、、逝っちゃう・・・』
あれほど待ち望んだFさんの指で弄られて、あっという間に達してしまう。
穴に指を這わせながら、『ぴくぴくしてる。こんなに感じて』と、言われると、恥ずかしさと気持ちよさで、またおつゆが溢れ出てくる。

クリで何度も気持ちよくされて、ぐったりしたeromiの足を、Fさんがぐイッと押し開く。
熱くなったおちんちんを押し込んで、eromiの上に身体を重ねて、背中に手を回し、抱きしめる。
『ああ~、気持ちいいよ』
『いい、すごくいい。もっと奥まで来て・・・』

でも、1度目はFさんも我慢できなかったみたい。
すごく早く逝っちゃった。

『物足りなかっただろ?』
うん、確かに。

その後もう1度交わった。こんどは結構我慢してくれて、eromiも深い痙攣を味わうことが出来ました。

ホテルに入ったのが午前中。
お昼を過ぎて、eromiが作っていったお弁当を二人で食べる。


さて、お食事の後は当然デザートでしょ?

前からやってみたかったこと。
4日前のデートのとき、可愛い雑貨屋さんで、小さなジャムの小瓶を買いました。
『何に使うの?』
『お楽しみ』
・・・それを実践してみる。

まずはeromiから。
彼の裸の胸にジャムをたっぷりと塗る。
乳首の周りにたっぷりと。
舌を大きく動かしながら、ゆっくりと舐める。
『ああ~、、、気持ちいいよ・・・』
すごく甘い。何度も何度も舐める。まるで猫のように、音を立ててしゃぶるように舐める。
次はもちろん、固くなったおちんちんに、丹念にジャムを塗っていく。
2回射精したあとなのに、ちゃんとおへその方を向いて立っているのがすごい。
『冷たい・・・よ』
大丈夫、すぐに温かくなるから・・・。
たまたまの上のほうから、裏筋に沿ってゆっくりと舐める。
彼が、たまらないようにため息を漏らす。
舌の力を抜いて、ぬぐうようにおちんちんを舐めていく。
亀頭の周りは舌先を固くして、カリをしごくように舐める。
『だめだよ、そんなにしたら逝っちゃうよ』

ここで、交代。
こんどはeromiの乳首に、彼がジャムを塗って舐めていく。
すごい、なんて気持ちがいいの!
周りから、ゆっくりと舐められて、乳首を吸われて、それだけでもう逝ってしまいそう。

eromiの足をもう一度押し開いて、彼が顔を埋める。
『ああーっ、だめっ、いやあ』
舌先でクリの芯を突きながら、穴に指を出し入れされる。
ぬちゃぬちゃ、大きな音を立てて。お尻の下がびっしょり濡れている。


クンニで逝かされて、『もうダメ・・・』
ようやく彼のものが入ってきた。
もう、何度も逝ってるのに、また新たな快感に襲われて、腰の内側がわなわなと震えている。『ああ、ああー、いや、逝く、逝く』
彼も身体を起こして、eromiの身体に垂直に腰を動かしている。
『ダメだ、逝くよ、逝く・・・』
たぶん二人で同時に逝ってしまったみたい。

それから、頭の中がふわふわして、音が何も聞こえなくなった。
ふと、彼のものが、身体を離れていくのを感じる。
『いや、いかないで・・・』

気がつくと、涙が流れていた。
彼が離れていくのがいやで泣いてしまったみたい。

タオルでeromiの涙を拭いたあと、彼がぎゅっっと強く抱きしめてくれた。
ごめんね。泣くつもりなんかなかったの。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | H | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
<<メールのやり取りはするけれど | eromiのやり記 | クリの芯を舌で・・・>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-18 Wed 14:21 | | #[ 内容変更] | top↑
いいですね~
気持ち良くてせつないですね^^
心とカラダが重なるエッチは幸せですよねー。
2006-10-18 Wed 21:46 | URL | miyu #-[ 内容変更] | top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-18 Wed 22:56 | | #[ 内容変更] | top↑
渾身の・・・
すごい読み応えのある作品、ありがとうございました。
とても素敵なエッチをしてらっしゃるのがうらやましいです。
また、読ませてくださいね。
2006-10-20 Fri 19:07 | URL | eromi #-[ 内容変更] | top↑
せつないです・・・
miyuさん、ありがとうございます。
そう、せつないんです。
こんなに好きになるのは予想ガイです。
2006-10-20 Fri 19:10 | URL | eromi #-[ 内容変更] | top↑
確かにあま~い
miyuさんちからきました。時々は読んでいましたけどコメは初めてです
miyuさんに劣らずすごい愛の交歓をしてますね
チ○コに冷たいジャム、僕なら萎えて下向きジャムが落ちちゃいます
彼は保てるからスゴイよ
2006-10-21 Sat 20:44 | URL | キャロット #-[ 内容変更] | top↑
わ~い、キャロットさんだ!
初コメありがとうございます!
キャロットさんのご意見は、男性側の感性がよくわかって、
すごーく貴重だなって思ってました。
miyuさんのところ経由でいいですから、時々遊びに来てくださいな。
でもeromiはmiyuさんほどしっかり更新してないから・・・。
頑張りますね。よろしくお願いいたします。
2006-10-22 Sun 21:07 | URL | eromi #-[ 内容変更] | top↑
キャットウエア
キャットウエアを探すなら http://www.mladickrealty.com/101213/409834/
2008-09-14 Sun 18:34 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| eromiのやり記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。