FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
中三日で
2006-11-02 Thu 23:41
『中三日の登板ですよ、大丈夫?』
『フルイニングは無理かもしれないな(笑)。雨天順延ってどう?』
『うんと攻めてくれたら、5回コールドゲームにしてあげる』

リリーフは、なし、あるわけないよね~なんて会話をしてみたり。

野球の話ではもちろんありません。
4日前にしたばかりなのに、また逢えて、結局ホテルに行ってしまいました。もう、Fさんたら。


古いネクタイを3本も取り出して。
はじめは手を前で縛って、上で抑えながらエッチしました。
入れる前に、『待って、お口に入れて・・・』
とお願いして、ひざ立ちになった彼のものを口に押し込まれて、
少しだけしゃぶらせてもらった。
あんまり口でしごいちゃうと、出そうだったから、少しだけね。

最近は、1度目は二人とも服のまましちゃうのが当たり前になってます。

その後、一緒にお風呂に入るの。
Fさんに後ろから抱かれるように、湯船に浸かって、お話をする。
のぼせない程度にね。

2回目、うつ伏せにされ、後ろ手に縛られる。
枕に顔を押し付けて、お尻を高く持ち上げて。
後ろからFさんが指で溝をゆっくりと撫で上げていく。
軽く叩くように溝に指を当てると、滴りそうなほどおつゆで濡れたおまんこが、ぴちゃぴちゃと音を立てている。
『ほら、すごくいやらしい音がする。聞こえるだろ?』
『ああん、いや、許して・・・』
『ダメだよ、こんなに濡らして・・・。もっとして欲しい?どうして欲しいか言ってごらん?』
『クリを、、、苛めて欲しいの・・・苛めてください・・・』

指の腹で回すように、クリの先を撫でていく。
おつゆでぬるぬるになって、膨らんだクリが、Fさんの指の刺激で更に固くなっていく。
アナが自然にぴくぴくと動いてしまう。
『あっ、あっ、い、いや。ダメ、逝くぅ』
お尻がびくびくと動いて、達してしまった。

4日前に後ろから入れられたのが気持ちよかったって言ったから、
今日の2度目は後ろからの攻めなのね。
彼のものが、ぐっと入ってくる。
なるべく深く入るようになのか、身体を密着させてゆっくりと動く。
また上のほうに当たる感じ。
『ダメ、ヘンになっちゃう、気持ちよくて、ダメ、、、』
ダメじゃないのに、何でダメ、とかいや、とか言っちゃうんでしょう?

『辛くない?はずそうか』
といって、縛っていた手を解かれる。
くるん、と仰向けにされて、いつもの正常位でもう一度入れられる。

何度も深い深いキスをして、時々動きを止めてじっと見つめあって。
多分、身体の気持ちよさだけでなく、この人が好きだって言う気持ちが、何度も押し寄せる痙攣をつれてくるんだと思う。

多分、前世でこの人の身体は私のものだった。
じゃなきゃ、こんなにぴったり嵌るわけないもの。
本気でそう思う時がある。

『ああ、もうダメだ、逝くよ、逝く』
逝くときには必ずeromiの名前を何度も呼んでくれる。
それが本当に嬉しくて・・・。




一年後にどうなっているかなって、話していたら、
突然涙が出てきた。
いつまで一緒にいられるの・・・?
「そうだな、最大で30年位かな?」
違うよ、私が知りたいのはMAXじゃなくてMINIMUMなのに。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

別窓 | H | コメント:8 | トラックバック:0 | top↑
eromiのこと好き?
2006-11-02 Thu 23:20
Fさんとのセックスの後、裸で抱き合っていろんな話をする時間が好き。
話題は豊富なんだけど、やっぱりホテルではエッチな話が多いです。

この日は、彼の胸に顔を埋めながら、
『eromiのどこが好き?』
って聞いてみました。
聞いてからあわてて、
『あ、eromiのこと好き?』
って聞きなおした。
『好きだよ、もちろん』って言ってくれたヽ(^o^)丿
で、改めて、どこが好きなの?って聞いてみる。

『そうだなー。一生懸命なところ、素直なところ。
真っ直ぐに僕に向かってきてくれるところが好きだよ』
わ~い。嬉しくってなんだか泣きそう。
調子に乗って、もうひとつ聞いてみる。
『じゃ、eromiの身体で、好きなところはどこ?』
『う~~ん・・・(すごく考えて)、こことか、こことか、ここ』
実際に触りながら教えてくれました。
やっぱりって言うところでした。
別窓 | H | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| eromiのやり記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。